エキスパートケアワーカー
認定者
EXPERT CARE WORKER

笑顔で挨拶、笑顔のお返し
心通うふれあいの時

平成26年4月入職

笑顔で挨拶

母方の祖父がデイサービスに通っていたことがあり、以前から介護の仕事に興味がありました。
高校を卒業する際にもそんなことを思い出したのと、先生から施設を紹介され見に行き仕事としてやってみようと決めました。
初めは自分が思っていたのと印象が違っていたのですが、実はもっと人と密接に関わる仕事なのだと感じました。
ご利用者さまだけではなく、ご家族とも一緒に考えながらですので、その方のある意味深いところでも接します。

ご利用者さまへの対応やお声がけに「ありがとうございます」とご家族からお礼をいただいたときは、凄く嬉しかったですね。
今まではそれほどなかったのですが、介護の職に就いてから気がついたのは、笑顔で挨拶すると必ず笑顔で挨拶を返してくださるということです。
単純なことのようですが、お互いの気持が通じ合わなければできないことですので、そこに気がついたことは大きいですね。

自分で行ったことはすべてが自分に還ってくる

今、脳トレのようなカタチで、余暇活動にはタブレットを使ったりしています。ちょうどデジタル世代のため、みなさんにも説明したりする役割が多いのですが、1日を通してご利用者さまが「来てよかった」とか、「この人なら安心」だと思っていただけるような人になりたいですね。なにか楽しめる、安心できるような提案や企画なども今後考えていきたいです。みなさんの不安や負担、悲しみを少しでも和らげていくことが大事ですから。

ご利用者さまが安心するためには、自分自身の感情を常にコントロールしていくことです。私の怒りや不安、高揚などが表面に出てしまうと、まわりの人たち全員に悪い影響を及ぼしてしまいます。気持が粗くなれば、表情では抑えていてもどこか伝わりますので、ご利用者さまが不安になります。
良いことも悪いことも、自分で行ったことは全て自分に還ってくるのだと肝に銘じ、ご本人とご家族、そして私たちが一体となって、安心な日々が送れるよう、これからも頑張りたいです。